マッサージの治療効果

img_01
マッサージ(あん摩、指圧を含む)の治療効果は、全身の組織や器官の異常を調整し、回復させることで、次の5つの作用があります。
1つ目は、「興奮作用」です。


機能が減退している神経や筋肉に対してマッサージをおこなうことで、興奮性を高め、機能を回復します。

2つ目は、「鎮静作用」です。

機能が上昇している神経や筋肉に対してマッサージをおこなうことで、興奮性を減退させ、鎮静をはかります。

3つ目は、「反射作用」です。病巣から離れた場所におこない、整体の反射機能を利用し、神経や筋肉、内臓などに刺激を与えて、機能の調整をはかります。


内臓に異常がある場合、神経を通して、特定の部位に異常な変化(知覚過敏や筋肉の凝りなど)が現れます。この異常な変化を、西洋医学では連関痛と言い、東洋医学ではツボといっています。



これらの部分にマッサージを行い、凝りや痛みなどが緩んだり、除去されることにより、神経を通じて異常が軽減されていきます。



4つ目は、「誘導作用」です。


病巣に、発赤や腫張が激しくて、直接患部の治療ができないとき、その場所より中心部対しおこない、血液やリンパの流れを促進して、出血や毒物を排出します。例えば、膝関節の腫れの場合、太股に対しを行います。

また、足関節の腫れに対しては、すねやふくらはぎ、太股に対して行います。
5つ目は、「矯正作用」です。



関節の伸縮などで、正常な関節の運動範囲が制限された時、身体の異常を、正常に戻し、機能の回復をはかります。

捻挫や脱臼、骨折の後などに残る、関節の拘縮などに対応します。


横浜で整体情報といえばこちらです。