日帰り人間ドックにおいて各検査はどんな順番で進むか

###Site Name###

人間ドックのメニューには様々な種類がありますが、特に受診者が多いメニューは1日で全ての検査を実施する日帰り人間ドックです。

日帰り人間ドックの受診日を迎えて受診する施設に到着したら、まず受付にて予め自宅で記入するよう言われた問診票と、採取するよう言われた尿や便を提出します。

その後、受診者自身のサイズに合った検診着が渡されるので、これを受け取って更衣室で着替えます。

ここまでの流れは大抵の施設で共通ですが、更衣室から出た後に実際に受けていくことになる検査の順番は、実施施設ごとに異なります。



大抵の実施施設で最初に行われるのは、血液検査を行うための採血です。日帰り人間ドックでは受診日の前日から飲食が制限されますが、それは血液検査の診断を正確に行えるようにするためです。
採血が終了した後は、先に問診や内科診察を行う所と、先に身長や体重、血圧等の測定を行う所に分かれており、後者の場合は内科診察は全部の検査が終了した後に行われ、この時に一部の検査結果が医師から報告されることもあります。



レントゲン検査や内視鏡検査、超音波検査などといった医療機器を使った大掛かりな検査が行われるのは、内科診察または身長や体重等の測定が終了した後になります。

上記の順番は大まかな順番であり、実際には他の受診者の検査の進み具合によって、受ける検査の順番が前後します。

人間ドックといえば情報満載のサイトがたくさんあります。

各受診者の検査の進行は施設のスタッフによって管理されており、受診者を極力待機させることがないように各検査が進行していきます。